【事実】女をモノにするには2つの選択肢しかない!モテない原因を考察

出会いがない 原因

第34回目のワンポイント恋愛講座です。

今回は『選択肢は2つしかない!』というテーマでお話します。


女性をモノにするには2つの選択肢しかないです。

あなたは、どちらを選択しますか?

  1. 自分のことを気に入ってくれる女性が現れるのを待つ
  2. 自分から女性にアプローチする

この2つしかないのなら、当然ですが自分から女性にアプローチするという選択をしたいものですよね。

とはいえ、おそらく誰もが『2』を選択すると思います。


多くの男性は『2』のように、自分から女性にアプローチすることを理想としています。

でも、実際には『1』のように自分から積極的に話しかけず、ましてや出会いさえも自然任せという人が多数を占めるのではないでしょうか。

つまり大半の人が、このことを認識しているようで認識できていないのです。


たしかに女性をモノにするための選択肢が『待つ』か『行動する』かしかなければ、誰もが行動することを選ぶと思います。

しかし、なかなか行動できないという現実・・・

わたしの周りにもいますが、そこそこイケメンでモテそうな男が「彼女がいない」とか「自分から、あまり女性に話しかけれない」といった状態です。

こういったのって普通にありますからね。

だからこそ、行動することが大事だと思うのです。


女関係 うまくいかない

「でも、どうやって・・・?」

どうやって行動すればいいのか分からない人もいると思います。

方法が分からなければ、調べればいいだけ!

  • 女性が好む場所
  • 女性が好む会話
  • 女性との出会いの場

そのすべてを知ればいいだけです。

そして、それが分かったら自身を持って行動する。

当たり前ですが、行動しなければ何も始まらないですよね。


「でも、失敗したら・・・?」

たしかに失敗もすることもあると思いますよ。

わたしも数えきれないぐらいの失敗をしてきました。

考えてみてください。
失敗するから、次が上手くいくものです。

とにかく、自信を持って行動あるのみだということです。

実際のところ「モテない・・・」と悩んでいる男性の大半は、ブサイクや口下手だからではなく行動していない場合がほとんどですからね。


なぜ、行動できないのか?


これですが、自信がないというのも大きな要因だと思います。

この『自信』というのは、言い換えれば『余裕』みたいなものです。

そして、自信がなければ女性関係に苦労してしまいます。

なぜなら、女性は自信のない男性に対して『不安』を抱いてしまうからです。

まあ、女性なら誰しもが持っている自己防衛本能でしょう。

逆に自信を持っている男は、たとえブサイクであろうが女性にモテるわけですね。


女性の前で緊張しない方法

「とはいっても、女性の前だと緊張してしまうのですが・・・」

たしかに、緊張しますよね。

とくにタイプの女性であったり、可愛い女性であればあるほど余計に緊張してしまうと思います。

その緊張している態度や言動って、女性からすれば自信のないように見えるものです。

たとえば、「やばい・・・何か楽しい話をしないと」みたいな感じです。


では、なぜ緊張してしまうのでしょうか?


それは、自分の能力以上のことをやろうとしているからです。

  • 女性に良く思われたい
  • 自分を良く見せたい
  • 上手くやってやろう
  • 失敗したくない

身の丈を超えた結果を期待してしまっているのです。

「上手くやって良く思われたら、好きになってもらえるかも・・・?」

結局、そう思うことで緊張してしまって自分を追い詰めることになるのではないでしょうか。


意外と、等身大の自分で接するほうが上手くいくものですよ。


今回のワンポイント恋愛講座は、『選択肢は2つしかない!』でした。

 

恋愛ノウハウ無料相談ご案内

わたしは、今まで様々な恋愛教材のマニュアルやサイトを一通り見てきました。

中には、難しすぎて初心者には理解できないものから、誇大な表現であったり机上の空論も目にしてきました。

恋愛教材の販売者や販売サイトを見ただけでも、だいたい中身が分かります。

しかし恋愛教材を初めて購入するという方には、どれが良くて? どれがダメなのか? 判断し兼ねるでしょう。

また入り口さえしっかりしていれば、すでにモテる人生に変わっていたかもしれないのに、結果的に本物に出会えず遠回りしている方もいます。

そこで、恋愛教材の購入でお悩みでしたら下記にアンケートを用意しましたので、明記したうえでフォームからご連絡ください。

あなたの現状を考えてアドバイスします。


  1. 過去に購入したことがある恋愛教材
  2. その購入した教材での成果は?
  3. 教材購入のご予算
  4. 具体的な相談内容、お悩み(必須)

コメントは受け付けていません。