好意を冗談っぽく伝えると女性を落とせる確率が5割アップする!

女性 好意 伝える方法

第21回目のワンポイント恋愛講座です。

今回は『冗談っぽく好意を伝えて洗脳しろ!』というテーマでお話しします。

 

明日からでも、すぐにできる簡単なことなのですが女性を口説く最強の方法をお教えします。

その方法ですが、冗談っぽく好意を伝えることです。

女性に、冗談っぽく好意を伝えると落とせる確率が5割はアップします。

では、なぜ冗談っぽく好意を伝えることが女性を口説く際に有効なのでしょうか。


たとえば、多くの男性がやってしまいがちなパターンがあります。


それは・・・

好きな女性なのに、まったく好意を示さないパターンです。

好意があるのに、好意があることを隠してしまう男性って多いのではないでしょうか。

しかし、これをやってしまうと当然ながら女性に好意が伝わらないので、恋愛関係に発展することはないです。


で! そのような男性が、この状態になったとき『告白』で打開しようとするわけです。

「実は、前から好きだったんだ」
「付き合って欲しい」

告白するのですが、女性に「そんなつもりだとは思わなかった・・・」「友達としてしか見れない・・・」と言われて、撃沈する。

よくある話じゃないですか。


これですが、なぜそうなってしまうかというと好意を伝えていなかったからだったりします。

好意を伝えていれば、そのような撃沈を防ぐことができたかもしれません。

でも、ストレートに好意を伝えると「女性に警戒されない?」「それこそ撃沈しそうなんだけど・・・」と、思われるかもしれませんね。


その通りです。

ストレートに好意を伝えることもやってはいけません!

そうではなく、冗談っぽく好意を伝えるのです。


女性に好意を示す

たとえば、女性と会話をしてて盛り上がる瞬間ってありますよね。

そこで、「オレ達すごく気が合うよね。結婚しよっか」みたいな感じです。

これなのですが冗談なのか本気なのか、よく分からない言い方だと思わないですか。

いきなり、「結婚しよ」って言われても冗談にしか聞こえないですよね。

でも、これがジワジワ効いてくるのです。


このように、冗談の中に好意を紛れ込ませることで、女性は「あれ?わたしのこと好きなのかな」と勝手に想像しだします。

そうすると、その後に告白だったりホテルに誘ったとしても「そんなつもりじゃない・・・」と、断られることを避けることができます。


しかもですよ!

中には、好意を持ってくれた人を好きになるタイプの女性もいたりします。

簡単にいえば、「自分のことを好きになってくれた男を好きになる」というタイプの女性です。


「そんな女性は多くない!」と思われるかもしれませんが、そんなことないです。
結構いますよ。

これは女性に限らず、すべての人が持っている心理でもあります。

その心理が強い女性ということです。

こういった女性の場合、冗談っぽく行為を伝えることをやっているだけで落ちたりもします。


ということで、女性に冗談っぽく行為を伝えるというのはすごく簡単なことなので、ぜひ使ってみてください。

かなり、効果がありますよ。


女性に好意を持たせる

最後になりますが、冗談で好意を伝えるすごく簡単なパターンをお教えします。

女性に「どんな男性が好き?」と、聞いてみてください。

たとえば、女性が「ん~優しい人かな・・・」と言ったら、こう返してください。

「へぇ、オレじゃん」
「オレ、『住んでる場所』イチ優しい男だから」

さらに、つっこんでみてください。
「他には?」

そこで、たとえば女性が「男らしい人かな~」と言ったら・・・
もうお分かりですよね。

「マジで!それもオレじゃん」です。


今回のワンポイント恋愛講座は、『冗談っぽく好意を伝えて洗脳しろ!』でした。

 

恋愛ノウハウ無料相談ご案内

わたしは、今まで様々な恋愛教材のマニュアルやサイトを一通り見てきました。

中には、難しすぎて初心者には理解できないものから、誇大な表現であったり机上の空論も目にしてきました。

恋愛教材の販売者や販売サイトを見ただけでも、だいたい中身が分かります。

しかし恋愛教材を初めて購入するという方には、どれが良くて? どれがダメなのか? 判断し兼ねるでしょう。

また入り口さえしっかりしていれば、すでにモテる人生に変わっていたかもしれないのに、結果的に本物に出会えず遠回りしている方もいます。

そこで、恋愛教材の購入でお悩みでしたら下記にアンケートを用意しましたので、明記したうえでフォームからご連絡ください。

あなたの現状を考えてアドバイスします。


  1. 過去に購入したことがある恋愛教材
  2. その購入した教材での成果は?
  3. 教材購入のご予算
  4. 具体的な相談内容、お悩み(必須)

コメントは受け付けていません。